伊勢志摩・里海アクアスロン2021 大会概要

透明度抜群の大矢浜海水浴場でお魚と一緒に泳いでみませんか?
アクアスロンとは、海を「泳ぎ」、陸を「走る」、水陸両用のスポーツです。トライアスロンほどハードルが高くなく、子供やビギナーでも参加でき、フィニッシュの感動を味わうことができます。
翌日のトライアスロン試泳を兼ねての参加も可能。人気の親子リレーは、親子で襷をつなぎ、力を合わせてフィニッシュを目指します。絆づくりに、新たな自分への挑戦として…ぜひご参加お待ちしております!

大会名称
伊勢志摩・里海アクアスロン2021
主催
トライアーティスト・志摩スポーツコミッション
競技主管
三重県トライアスロン協会
日時
2021年7月3日(土) 受付・競技説明・アクアスロン競技
会場
大矢浜海水浴場特設会場
競技部門(参加費・定員)
小学生:参加費:3,500円/定員:150名
一般(中学生以上):参加費:5,000円/定員:100名
親子リレー:参加費:5,000円/定員:20組
競技距離
小学1~2年生:S 50m・R 1㎞
小学3~4年生:S100m・R1㎞
小学5~6年生:S200m・R2㎞
一般(中学生以上):S400m・R3㎞
親子リレー  :子S100m・親S100m・子R1㎞・親R1㎞
参加規程
小学生以上で競技距離を完走できる体力を有する方。
競技規則
日本トライアスロン連合 競技規則、およびローカルルールを適用
表彰
各部門男女別3位まで(小学生は学年別・リレーは総合のみ)
エントリー期間

・優先出場権利(2020年度大会エントリー費を2021年度大会へ持ち越した方が対象)
2021年2月1日(月)00時00分 ~2月28日(日)23時59分
*上記期間内にエントリーができなかった方は、持ち越した参加費を返金いたします。
*対象者には事務局からメールでご案内いたします。

・一般エントリー
2021年2月1日(月)00時00分~4月30日(金)23時59分

スケジュール
開始時刻 終了時刻 内 容 場 所
9:00 9:45 選手受付 大矢浜海水浴場本部テント
9:50 10:00 開会式・競技説明会 大矢浜海水浴場ステージ前
10:00 10:20 小学生トランジションセッティング トランジションエリア
10:10 10:25 小学1~2年生ウォーミングアップ スイムスタートエリア
10:30 10:45 小学1~2年生アクアスロン競技 スイム→ラン
10:35 10:50 小学3~4年生ウォーミングアップ スイムスタートエリア
10:55 11:10 小学3~4年生アクアスロン競技 スイム→ラン
11:00 11:15 小学5~6年生ウォーミングアップ スイムスタートエリア
11:20 11:50 小学5~6年生アクアスロン競技 スイム→ラン
11:30 12:00 中学生・一般トランジションセッティング
中学生・一般ウォーミングアップ
トランジションエリア
スイムスタートエリア
12:05 12:50 中学生・一般アクアスロン競技 スイム→ラン
12:20 12:50 親子リレートランジションセッティング
親子ウォーミングアップ
トランジションエリア
スイムスタートエリア
12:55 13:30 親子リレーアクアスロン競技 スイム→ラン
※スケジュールは当日の気象状況、進行状況に合わせて変更になる場合があります。その際は、会場アナウンスにてお知らせします。表彰式は各部門終了後、準備が整い次第順次行います。
大会事務局
一般社団法人志摩スポーツコミッション
〒517-0501三重県志摩市阿児町鵜方2944-254
TEL:0599-44-4450 / FAX:0599-44-4460 / E-mail:support@shima-tri.com
誓約書はこちら
エントリーはこちら

伊勢志摩・里海アクアスロン:競技規則

JTU(日本トライアスロン連合)競技規則に準じ、一部ローカルルールを適用します。
伊勢志摩・里海アクアスロンに関する競技規則となります。

    1. 大会のスケジュール、コース、適用されるルールを十分把握して大会に参加して下さい。
    2. 大会公式スケジュールには、必ず選手本人が出席して下さい。
    3. 大会前日の飲酒を控え、十分な睡眠と栄養、水分補給をして、心身ともに余裕を持って大会に参加して下さい。
    4. 体調がすぐれない場合などは、近くの審判にその旨を伝えて、指示に従って競技を終了して下さい。
    5. 気象警報(暴風、波浪)が発令された場合、及び次の基準に達した場合、または予想される場合には、当日午前7時に競技内容の変更(距離の短縮)、または競技中止をアナウンスします。尚、いずれの場合も参加費の返金はありません。
      • (1)海水温が18度未満の場合
      • (2)風速10m以上、波高2m以上あるか、競技中にその恐れがあると判断された場合
      • (3)雨や霧などにより著しく視界が悪い場合(視程500m以下)
      • (4)台風・地震・雷雨など自然災害が発生した場合
      • (5)その他、競技開催判定委員会が危険と判断した場合
    6. スイム中止の場合はランのみで行います。
    7. 参加資格を第3者に委譲することはできません。
    8. 周回、コースミスは自己責任です。自らの責任でコースを事前に把握、確認して下さい。
      周回数は計測、タイム、前後の競技者、審判の意見により総合的に判断します。
      周回数が不足の場合は失格となります。
    9. コースを離脱したときは、離脱した地点に戻って競技を再開して下さい。いかなる理由があろうとも逆走は厳禁です。
    10. 大会主催者の提供、または許可した支援(エイドステーションなど)以外の個人的援助を受けることは禁止です。
    1. 大会14日前より、事前に送付済みの体調チェック・行動記録シートをつけて頂き、受付時に提出願います。
    2. 受付時にはマスクを着用してきてください。競技中マスクの着用の必要はありません。
    3. 受付時に検温を行います。37.5℃以上の場合は参加できません。
    4. ソーシャルディスタンス(1m以上)を確保して、密にならないようにしてください。
    5. こまめな手洗い、手指消毒を心掛けてください。
    6. 近密な距離での会話を避け、大声での応援は控えてください。
    1. 受付にて、ゼッケン1枚+安全ピン、スイムキャップ、計測用アンクルバンド(要返却)を支給します。
    2. トランジションエリアセッティング時間内に着替えとシューズを自分のナンバーのBOXにセットします。
    3. スイムは水着を、ランは必ず上半身・下半身ともに覆うウェア(ワンピースタイプ可)を着用ください。
    4. スイムスタート前に 15分間のウォーミングアップ時間を設けます。
    5. スタート 5分前に最終点呼(コール)を行います。スタート地点に集合してください。
    1. 計測はアンクルバンド(計測チップ)を利用した自動計測システムです。
    2. アンクルバンドは左右どちらかの足首にしっかりと巻き、脱落防止用のゴムバンドをつけてください。
    3. つけ忘れ・紛失の場合は失格となります。フィニッシュ後スタッフに必ず返却をお願いします。
    1. 小学生は、脚がつく深さの片道50mを泳ぎます。
      (小学1・2年生片道50m、3・4年生往復100m、5・6年生2往復200m)
      ※泳ぐことを原則としています。途中で足をついてもよいですが、歩いて移動してはいけません。
    2. 中学生・一般の部は正方形1周200mのコースを2周回の400mを泳ぎます。
      ※中学生・一般の部は、ウェットスーツの着用を認めます。
    3. 親子リレーは、往復100mを泳ぎます。
    4. ライフセーバー、及び審判員が安全管理を行います。
      ※競技続行が不可能と判断した場合は、競技中断を指示しますので必ず従ってください。
    1. トランジションエリアには足洗い場を用意しておきます。必要な人は足を洗うことができます。
    2. トランジションエリアでの着替えの時間も競技時間に含まれます。
    3. トランジションエリアを出るところまでがスイムのタイムになります。
    4. レースナンバーが前面からよく見えるように装着されていないとランに移ることができません。
      (事前にウェアに安全ピンで留めておくか、レースナンバーベルトを使用してください)
    1. ランコースは1周1㎞のコースを走ります。
      (1~4年生1周回1㎞、5・6年生2周回2㎞、中学生・一般3周回3㎞、リレー1㎞×2名)
    2. ランは走ることを基本としていますが、途中で止まったり、歩いたりすることもできます。
    3. 周回ミス・コース間違いは、選手自身の責任です。事前にコース・周回数を確認しておいてください。
    1. 子スイム100m ⇒ 親スイム100m ⇒ 子ラン1㎞ ⇒ 親ラン1㎞ の順でリレーを行います。
    2. リレーの引継ぎは決められたリレーゾーン内で、アンクルバンドを手渡すことで引き継ぎします。
      バンドをしっかりと足首に巻き付け、脱落防止用のゴムバンドをつけてください。
    3. ファミリーリレーは同伴フィニッシュ(親子で一緒にフィニッシュすること)が可能です。
      フィニッシュ前に待機しておき、係員の指示に従ってください。
    1. リタイヤする場合は、近くの審判員にその旨を伝えて、アンクルバンド(計測チップ)を返却してください。
    2. アンクルバンド(計測チップ)を装着しないで競技した場合は失格とし、いかなる抗議も受け付けません。
    3. 競技規則やマナーに違反した選手は、大会スタッフから口頭で注意を受け、注意に従わない場合は失格となります。
    4. 審判員の裁定に不服がある場合、選手、または代理人は審判長に抗議をすることができます。抗議は速報掲示後 30分以内に行ってください。ただし、危険行為、スポーツマン精神に反する言動の判定には、抗議はできません。

コース

伊勢志摩・里海アクアスロン2021 コースマップ

※今後コースの変更がある可能性があります。変更があった場合は、大会ホームページ、大会SNSでお知らせいたします。